サクラに気を付けて

どの中高年付き合い系でもセフレサイトでも、気を付けなければならないのがサクラの存在です。
有料の中高年付き合い系などがサイトの運用費を男性から徴収するために、どこでもサクラが投入されていることがほとんどです。
仕方がないこととはいえ、そのサクラに毎回引っかかってしまっていては、お金がいくらあっても足りませんし出会うこともできません。
ではどうすればいいかというと、中高年付き合い系を使うのであれば、サクラの特徴を理解してできるだけ引っかからないように気を付けなければならない、ということです。
実際に中高年付き合い系に慣れている人は、相手がサクラであるか一般の人であるかなんとなく判別がつくようになるといいます。
それくらいサクラの特徴というものは共通している、ということでもありますね。
一般的なサクラの特徴としては、とりあえず男性が喜びそうなことをいう、ということです。
一般の女性であっても男性が喜ぶことを言ってくれることもあるかもしれませんが、やたらとほめる女性となると少し怪しくなってきます。
またメールの文脈をよく見てみて、あまり話がつながっていない返信をしてきている場合には、サクラの可能性が濃厚になります。
こういったよくあるサクラの特徴は頭に入れておいて、中高年付き合い系を使うときには相手の言動に注意してみましょう。

なぜ援助交際よりもセフレなのか

恋人ではなく、付き合っていない人と気楽にセックスをしてみたいと考えている男性は多いのではないでしょうか。
自分のしたいときに相手を呼びだすことができて、セックスをするだけしたらすぐに解散できる、そんな関係は男性にとって一つの理想かと思います。
こういった関係をセフレと呼びますが、これは今ではインターネットから簡単に得ることができるようになっています。
一時期、同じような関係として、相手にお金を払ってセックスをすることができる、援助交際というものが流行になりました。
特に女子高生などが援助交際をしてお金を稼ぐということが話題になり、社会問題にもなりました。
ですがこの援助交際では、お金を払うということが大前提になっているので、そこがセフレとは違います。
セフレの場合にはお互いにセックスをしたいという気持ちがあっているので、そこにお金をかませる必要はありません。
また援助交際は売春ということになりますから、これはばれてしまったら逮捕されることになる犯罪行為になります。
セフレはお互いが自分の意思で関係を持っていることになりますので、より安全にセックスを楽しめるようになるのです。
行為そのものはセフレと援助交際では特に変わりはないのですが、間にお金があるかどうかで意味が大きく変わってきます。

年上の男性が求められる

一般的に男性のほうが性欲に対して積極的で、異性と関係を持ちたいと思っていることが多い、というイメージがありますよね。
なので、女性の場合にはあまりセックスなどに対して興味を持っていないものと考えられているかもしれませんが、実はそうでもないようです。
セフレサイトの中などでは、女性もセックスに対して積極的であり、相手を探しているという事実があるのです。
最近の男性の中には、特に若い世代において、性欲に対してあまり積極的にならないという調査も報告されているくらいです。
そういった男性の草食ぶりに辟易してしまい、セフレとして関係を持てる男性を探しているという女性もいるようです。
セフレサイトにおいては、30代から40代くらいの男性が出会いを求めていることが多く、そして女性が求めていることが多いのがこういった世代なのです。
このくらいの年代の男性は経験も豊富で、自分のことを楽しませてくれるだろうという期待が含められることになるのかもしれません。
また経済面においても若い男性よりも有利ですから、そういったことが若い女性のセフレの相手として求められるところなのでしょう。
セフレというのはセックスを楽しむ関係ですから、楽しく関係を持つことができる条件がそろっている人は、やはりセフレサイトでも有利になります。

架空請求に気を付けて

インターネットのセフレサイトでは、相手を探してセフレにするということが比較的簡単になっています。
なので、セフレがほしい男性はとにかくセフレサイトを使うことをおすすめしますが、よいことばかりではありません。
もし、使っているサイトが悪質なサイトだったりすると、架空請求などの被害にあうことになるかもしれません。
架空請求の手口は、少し見覚えのある請求内容を、払えなくはない金額で請求するというものです。
期限が切れると法的措置に出るなどの文句を使って脅しながら、支払いをさせようとするのが架空請求の手口です。
そういったことを恐れてしまい支払ってしまう人もいるようですが、一度支払ってしまうとターゲットにされてさらに悲惨なことになります。
ですが、セフレサイトを使っているということを回りの人にばれたくないという思いから、それを隠すために支払ってしまうというような人も跡を絶ちません。
基本的に、架空請求に対する最大の措置は、何もしないということです。
何かが来ても基本的に無視をしていればいいですし、期限が切れても法的措置を取られるようなことはありません。
脅しに屈して支払いをしてしまうことこそが、架空請求への敗北なのです。
こういった特殊なサイトを使っている人への脅しには注意して、安全にセフレサイトを楽しみましょう。